空回りして水が出ない蛇口を修理しました

本日のご依頼のお電話は金崎の一軒家にお住まいのお客様からで、お風呂場の蛇口が空回りして水が出ないというご相談を受けました。

少し前くらいから何か調子が良くなかったのだそうですが、遂にハンドルを回しても抵抗を感じないくらいまで空回りするようになったそうです。
自分で修理も考えたのだそうですが、ちょっと難しそうなので弊社に依頼してくださったということでした。

そこでお電話ではお使いのお風呂の混合栓メーカーをお聞きし、部品を準備して大至急お伺いさせていただくことになりました。

ご依頼人様の家には40分ちょっとで到着し、ご家族にご挨拶させていただいてから作業を開始させていただきました。

お風呂場に行き水道のハンドルを回したところ、確かに空回りしていましたので、多分バルブの軸が経年劣化で削れてしまって、ハンドルが空回りするようになったのだと思います。

そこでバルブを新品の物に交換することをご提案し、お見積もりを致しました。
お客様にご了承いただいたので、早速交換作業に入りました。

まずは止水栓を止めて分解します。
バルブを見たところやはり削れていましたので、新品へと替えさせていただきました。

作業は50分弱ほどで終了し、無事に水が出るようになりました。
弊社に依頼をして下さりありがとうございました!

トイレタンクから水が流れっぱなしの問題を解決

六軒町のお客様から「トイレに流れる水がいつまでも少しずつ流れていて止まらない」という相談を受けて、すぐにそのお宅に伺うことになりました。

話を聞くと、昨日からずっと少しだけですが水が出ていて、気になるのでご連絡くださったとのことです。
流れっぱなしのため、水道代がどんどん上がってしまうことも懸念しているようでした。

早速状況をチェックしてみると確かに水が流れていて止まっていないので、タンクの中を開けて調べることにしました。

原因としては浮きの付け根の部分の調整か、あるいは底にある弁から漏れているかのどちらかだろうと想像しました。

すると、オーバーフロー管から水が溢れている状態でしたので、水がタンクに入り過ぎているのであり、これが問題であることがすぐにわかりました。

浮き玉を調整することですぐに水が止まり、ほどよい位置で水の量が溜まるようになりました。

適切なところで給水が止まるか、何度かテストをして確認しましたが、しっかりとフロートの管が役目を果たしてくれるようになったので問題ないことを確信しました。

約20分ほどで作業が終わり、お客様にも「すぐに直してもらえて良かったです」と喜んで頂けました。

最後にタンク回りを雑巾で拭いて、キレイにしてから失礼いたしました。

トイレは国内のすべてのメーカーの修理実績がございます。
修理も交換も対応いたしますので、お気軽にご相談ください!

ひび割れたキッチンの排水管を交換してきました

今回のご依頼のお電話は新方袋にお住まいのお客様からで、キッチンの排水管がひび割れて水漏れしているので何とかして欲しい、というご相談でした。

キッチンの下の扉を開けたところ水浸しになっていたので、何事かと確かめたら排水管にひびが入っていたんだそうです。
応急処置としてテープでひび割れ箇所を押さえていたのだそうですが、それも限界に来たようで、弊社に修理を依頼されたのだそうです。

お電話ではお使いのキッチンの排水管の種類などを聞かせていただき、概算のお見積りをお出ししてから、すぐにお伺いさせていただきました。

道が空いていましたので、ご依頼人様の家には30分で到着し、さっそくキッチンの方へ上がらせていただきました。

排水管にはテープが何重にもぐるぐる巻きにされており、相当大変な思いをされていたのが伺い知れました。

事前に排水管などのメーカーをお伺いしており、用意してきた部品の交換で解決することがわかりましたので、正確なお見積もりを再度お出ししました。
お客様にもご了承頂きましたので、すぐに作業に入ります。

まずは止水栓を止めてから問題の排水管を取り外して、新しい物に交換をさせていただきました。
その際には水漏れが起きないように接続部分をしっかりと固定し、作業は45分くらいで完了しました。

また作業後に水拭き掃除も行い、すべての工程を終わらせることができました。

水まわりのトラブルなら、すぐに駆けつけ即日解決いたします!

このページの先頭へ